“ダディは多くの母親を求め、女性はダディを選りすぐる原因”

“牡ができるだけ多くの牝を手に入れようとし、それとは逆に牝が用心深く牡を選ぶというのは、自分に限定されるわけじゃなく生物一般に在る感触のようです。このような感じの牡と牝の実践の違いは、お互いのつくる配偶お子さんのがたいの違いから生まれてくると言われています。進展という視点から考えると、生物が生きている究極の案件は、自らが生き残り、お子さんをつくり、そうすることで自らの遺伝子を次世代に残していくということですよね。遺伝子しかもたないちっちゃな配偶お子さん(精子)をつくるのが牡、栄養分を含んだ大きな配偶お子さん(卵子)をつくるのが牝というわけです。精子は小さくて作るのにそこまで時間がかからないので、牡は一度にたくさんの牝の卵を受精できるだけの精子をつくることができるわけです。なので、牡はたくさんの牝と性交すればするほど、たくさんのお子さんをつくる確率が高くなり、それにより自分の遺伝子を出せるというわけですね。ギネスブックにはそれにまつわる驚異的な記録が残っているようです、人の旦那によるお子さんの数量のギネス記録を持っているのは、17~18世紀のモロッコ君主「ムーレイ・イスマイル」についてらしいです。その記録は、「せめて1042自分」についてのようです。せめてというあやふやうたい文句なのは、あんまり数が多いので妻のお子さんは途中で数えるのをやめてしまい、男児も700自分を超えたあたりで数えるのをやめてしまったからという意味のようです(笑)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です