“大好きな彼との分かれを綴ったPCMAX書き込み”

“PCMAXの顔合わせ評価では、ちょいちょいやり切れない分かれの口コミを目にする事があります。読んでる方も切なくなるが、でもやりきれないけど、依然博士だというような意思が込められた口コミは読んでいてメンタリティが熱くなってしまう。また好ましい顔合わせが訪れますように。【32年代の都内おばさん】あなたがまたここに来て私の思い出を見ることはあるのかな?結果、逢ったのは二ごとだけだったんだね。こうした美少年のお隣にどうして私いられるんだろ?って体感湧かなかったり(笑)、連れ歩いて見せびらかしたい衝動にかられたり、何故かもう一度会っている気がしてた。あなたは突き放すような言い回しをするのに、その言及や仕草になかなか情愛も感じて、私は複雑な気持ちでいることが多かった気がするよ。そして、何かと理解するのが難しかった。相手方との時間はずいぶん凝縮で、でもその分だけかなり切なくてお宝だった。あなたが私に喫煙の気分を残すから、帰ってからも何度も何度も思い出してしまいキュンとなって恋しかった。相手方にとって私はなんだったのだろ?でも本当にありがとね、ありがと。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です