“本気で付き合っていた恋人に彼女がいたやるせない口コミ”

“僅か変わったこうしたPCMAX体験談を見つけました。いやに悲しさが溢れていますよね。自分もちょい泣きみたいになってしまいましたよ。つらいんですが、でもそこまで全力になれる奴に出会えたは素敵なことですよね。出会い系サイトでの出会いで、暮しが急変したという内容の体験談も実際多いですしね。この方もまたそういった出会いが見つかればいいですよね。【33年の千葉県内旦那】パラディーゾから最悪に叩き落とされるとは、何だかこのことですね。最初は半信半疑で使い始めた出会い繋がりで、こんなにも好きになれる奴を見つけることができるなんて思ってもいなくて、生まれて初めて至福というものを噛みしめていました。それがかなり、、本気で付き合ってるとしてた奴に妻がいたんですね。。女に話したはいったいなんだったんや?一緒に暮らして女も便利するからそれほどしなさい、というこれは。。今でも混乱してます。でもまぁ俺らしいっちゃ俺らしいラストですけどね。なんか要因もあるんかもしれない。でもそれは永久に思い付かでしょうね。こっちから伝言はできません。亭主の為にも見守るしかありません。好きなのは今でも徹頭徹尾貫くから。メンズって目茶苦茶ですね~。というかバカなのは俺だけか(笑) 枕濡らしながら寝よっと。”

“23歳のファイナンス的勤め人が騎乗位で腰を振りまくる超エロいクチコミ”

“PCMAXの巡り合い感想です。本日も強烈にエロい正味ですよ。おとなしみたいに見えた良い女性が、フェラ好きで騎乗辺り贔屓っていう、そのギャップがエロいですよね。でも出会い系サイトでの巡り合いでは、そんなスタイルって結構あります。奥様の本質というのがリアルに見える置き場ですよね、出会い系サイトって。それにこういう男も書いていますが、フェラ贔屓の奥様って結構多いんだなぁとわたしも出会い系サイトを使い始めて思いましたよ。嫌いな乳幼児が多いと思っていましたから。でもちん○の空気を嗅ぎながら舐めまわしてくれるという乳幼児に今まで何人も出会いました。出会い系サイトでの巡り合いだと、本来の服装がリアルに見えるし、意見を曝してくれることも多いですから、奥様の真の服装というのが透けて見えるよね。それが出会い系サイトを使う楽しさかもしれません。【46年の千葉県内男】夜のお昼周囲だったがムラムラがどうしても収まらなくなってPCMAX掲示板を右往左往しながら感想しまくっていた。すると、「五井で学生時代の側と婦人会が終わって帰れないので鴨川まで送って欲しいな」という伝達が入った。今から五井をめぐってそれから鴨川だと2時間はかかってしまうので「それはちょい無理です」と伝えると、「帰りに行きがけでしませんか?」というので、色欲も高ぶりまくっていたので五井ターミナルまで行くことにした。五井ターミナルに着くとすでに家内が待っていた。「23年で茂原の某金融関係勤務」との事だったが、何やら愛くるしい顔立ちの奥様だった。五井で家内をクルマに乗せ、鴨川に向かい出発する。五井から297号線で勝浦、128号で鴨川方面に向う。途中にラブホテルが無くて不安になってきたが、家内がそれを察したのか「安房天津を右側に」と言ってくれる。するとラブホがあった。そして広場に入るとおとなしそうな心地だった家内が変貌した。私の洋服を脱がすと身をベットに押し倒し、風呂に入る前のちん○を生フェラできる。そしてゴムを装着するとスカートとパンティを脱ぎ、騎乗位で挿入してくる。大きく動きまくり、数分でクライマックスした。それから円滑辺りになると私も家内を酷く突き、更に家内は素晴らしい喘ぎ音声をあげながらクライマックスした。それからお風呂に入ると、「今どきね、主人と別れたところでさんざっぱらたまってたの」と告白してきた。「ちっとも夫みたいだね」と言うと含み笑い、そのスマイルが可愛かった。お風呂から出てベットに入ると家内は「久々です」とちん○を口に含むと20分け前程舐め続けた。後ほど話を聞いてみると、フェラがかなり贔屓らしい。出会い系サイトで色んな女性に出会うようになって、フェラ贔屓の奥様って結構多いに関してを知った。それからシックスナインの身構えになると、家内のアソコからは情愛液が腿を伝わり流れていた。ゴムをつけて、お尻を持ち上げ、丸ごと挿入すると家内の音声が広場に響く、構わすバッチリ突きまくると家内は、3度目の絶頂に達した。円滑辺りになると家内の両足をすごく開き突くと、どうしても気持ちよすぎてもう一度根気出来ずにゴムを調整したまま家内の中で果てた。それから午前まで計3回戦して、家内を鴨川ターミナルまで送り届けた。両者とも獣のように乱れまくったあの夜の事は暮し忘れることができないだろうな(笑)”

“超絶のモータープールで大好きな彼にフェラしてあげた評価”

“エッチな35年齢の母親のPCMAX体験談を見つけました。いくつになってもPCMAXで恋してエッチして、楽しんでいる母親って一体全体多いんですよね。PCMAX体験談を読んでいると、そのあたりの雰囲気がよく分かります。でもただエッチだけする体験談よりも、こういう母親のように最も穴場だという心地が溢れている体験談のほうがいいですよね。PCMAXでいっぱい恋していっぱいエッチしたいと又もや激しく思いましたね!【35年齢の栃木県内母親】この前マックスで知り合った恋人に会って来ましたよー。ちゃんと素晴らしい恋人です。今日も恋人はお仕事だったので僕が恋人の所へ行くことにしました。ビジネス終わる年月がわからなかったので1年月半待ったけど、まぁこれは仕方がないですね。僕が会いたくて行ってる感じだから。待ってる間にモデルで爆睡しちゃいましたよ。でも、ぎっくり腰が未だに完全に治ってないので、とにかくモデルで寝ると痛いですね。17ときのタイマーが鳴ったので、モデルの隣を見るとかなり恋人のモデルがもっと着いてました。急いで降りて恋人のモデルに乗り込む。恋人『必死寝してただろー?』僕『そうなの(笑)今タイマーで起きて気がついた。ごめんね』恋人『みっちり着いた時にモゾモゾ動いてたから、とうに起きるのかな、と思ったよ(笑)』会ったら、依然として外は明るくても、モデルに乗ったらキスすると約束していたのでキスをする。でもひとたび始めるとお互いに止まらなくなってしまう。恋人が首もチュッチュッし始めたので一旦は拒む。恋人に差し込みを渡したら、恋人も僕に、バレンタインの仇討をくれたんです~!さっぱり期待してなかったから、それだけで二度と半泣き状態になってしまいました。恋人『もらったからには返すよ』僕『有難う。メイルでしょっちゅう白々しいから期待してなかったよ(笑)常になぜ思い切り冷たくするの?』恋人『メイルとかしてると、一気に冷めたりするのは確かなんだよね。会うなら会うでいいのにサユリはいたたまれないなぁー?とか言うじゃん。はぁ?何回か会ってるのに何言ってんだよ!って感じになるから気合下がるんだよ。だから冷たくなるのかもね?』確かにきのうも騒動メイルだった。僕『女児心だよ、それは。だってひと月風ですもん。頼もしいし照れくさいし。。刺々しいメイルも返答くれるのわかったからー。頑張ってメイル出すんだ。』恋人『え?あぁ、そーだね。結局出してたわ。怒ってるくせについ返答は出してたんだな?自分バカなんじゃね?もしくはきめ細かい輩だよな?』僕『はい、手厚いよ』恋人『バカにしてたんだろー?』笑いながらキス。ぎっくり腰と生理消息筋なので今回もエッチはせずにモデルでネッチョリ。恋人は4回会ってエッチはまだまだ1回しかしてないな。来週は恋人のマンションにお泊り日取りなんですけどね。どーなることやら。今回は2年月半くらいモデルで仲良くできました。恋人のも触ったり、舐め舐めしたけどお口ではイケ乏しい。まぁそれもそのはずだね、大きいモータープールの端とは言え上級のモータープールですからね(笑)感じてる意見素晴らしいし、腰痛くない?と何度も気にかけてくれる。正に容易いんです。恋人が来る前にブラ取って拒否ブラで来た程にしようと思ってたのに、恋人に言ったら笑いながらエッチすぎるよって。自分で上にめくり上げバスト触って、揉んで、舐めてもらいました。超気持ちよかった。。来週までお互い我慢?お預け?でも、しだしたら止まらなそう。どうしても今日は会えたからツキ山盛りだ。はぁ~今晩は興奮して眠れないな。”

“くらいさや負い目を持つ女の子との心の通い合う関係に惹かれる旦那の日誌”

“PCMAXのコンタクト体験談の提示ですが、今回は少し変わった内容のものです。このように自らの心持ちというか気持ち環境を曝け出すような文もたまにあるんですが、読むだけで何か色んな気付きを得る事ができます。男女のコンタクトは奥深いですよね。だから出会い系サイトって止められないですけど。【44年の埼玉県内夫】マックスでとっても綺麗でセクシーな妻と知り合い、今まではやったことがなかったんですが軍資金払って何度も会ってました。でも、ちょっと前の自分では信じられないことに、妻の付きが急激に色褪せてきたのです。ボディーも顔つきも妻に勝るような女性はガラガラというのに。何故このようにハートが変化したのか何かと考えてみた。さすが ボディーだけをダディに求め、「あんたと会うのはフィー目当て。」という女性には、イメージしか見どころが感じられなかったに関してなんでしょう。妻は我々に一欠片の愛情も、いや好意も持っていなかったのですからね。SEXができて、フィーをむしれるなら誰でもよかったに関してなんでしょう。妻とのSEXはやけに物寂しい品物でした。かりに熱いまなざしで妻の瞳を見つめても、妻はこちらの瞳を見つめ返してはくれることは一度もなかった。自分のカラダの喜びだけを味わうのみでした。「愛情は分け与える品物」は思い切りおっしゃることですが、妻はその対極における付きでした。まぁこれは当たり前の結果気付くのが遅すぎるんですが、たとえ綺麗であっても、心の通わない人とは続きませんよね。会わなくなりましたが、妻には謝意も心も未練もありません。そのまま期間が去ったに関してだけを今は感じています。世の中には、ほとんど感情の高ぶりもなくロマンスとつきあえる女もいる、ということを知る事ができただけでも結果と思わなければならないのでしょう。妻も、我々以外にもセフレは履いて捨てるほど沢山いるようなので、私一人がいなくなっても、何の痛痒も薄いというわけですね。おおかた妻のように綺麗で自分の美しさにかまけていられるような女性は、暮しについての奥深い学びはライフスタイルしないで終わるのかもしれませんね。ダディにチヤホヤ浴びることが本人れのアイデンティティ、生きがいみたいになってしまっているんですよね。でもおじさんになり、美に退転が見えたままなって足りないものにこれから気づき、愕然とするかもしれませんよね。自分が可愛らしいがゆえに横柄になるのだとしたら、暮しは悪徳ものだと言えるのかもしれませんね。我々は妻ものの綺麗な出で立ちも、セックス感化も欠ける人間だからこそ、くらいさや負い目を持つ、人間っぽい妻との心の通い合う仲に惹かれます。綺麗でなくとも、我々への愛しさをトータルで表現してくれる母親を求めてしまう。またそういったコンタクトをこれからも探したいと思います。”

“妻がしてくれないゲームを求めてセフレを探す上品な37年齢勤め人”

“PCMAXの出会い評価で37年の女子のものを見つけました。単語もとても丁寧で上品な女子なんだろうなぁと想像できます。こんな上品な女性が、彼氏はできないエッチなゲームを求めて出会い系サイトでセフレを探しているという過程は非常に興味深かったです。そういった女性は多いんだろうなぁと思いましたね。【37年の埼玉県内女子サラリーマン】少し前、メールでアプローチしてくれたユーザーと先ずダイアログさせて頂いた事があるのですが、お客様のパパのお願いが私の望むものでは無かったので、それっきりで終わってしまいました。だから、実際のいわゆる出会いは今が何とかです。最初の要点は、掲示板でした。メールは色んなパパから、長時間頂いており、その中でさほどお互いの必須が合いそうなユーザーに返信するというシステムをとっていたのですが、上記のようにうまくいかないこともあり行き詰っていたんです。そんな時になにげなく掲示板を見てみたら、希望のゲームお話が具体的に記入されている寄稿がよりあったんです。何かと読んでいるうちに、自分が実にしたいゲームというのが浮き彫りになってきました。それまで無我であったのが、具体的な念願を自分自身で理解することができたという模様でしょうか。そしてその寄稿の中で、マキシマムあたいに合いそうなものがあったので、その方にメールしました。最初からそれぞれゲームお話が分かっているので、その後の流れは安易でした。そうでない場合は、この方は何を求めているのだろう、と探りながらメールをすることになるんだというんですが、そんなやりとりが必要無かったのでよかったです。そしてまさにお会いしてみると、思った通り優しそうなユーザーでした。そして私の事をきれいと言ってもらえたので一安心しました。お話はいまいち詳しくは書けないんですが、彼氏が絶対にしてくれないような事を色々してもらえて、私的には大満足でした。おお客様の方も恐らくは、同じだといいのですが。。こういう秘密の縁がこれからも続いていくことを願っています。”

“女子はできないマニアレジャーを出会い関わりで見つけたセフレと楽しむ”

“PCMAXの書き込みからこんなエロい内容のものを見つけましたよ。ママには絶対にできないようなマニアチックな試合を出会い系サイトで見つけたセフレと楽しむ、という典型ものの書き込みですよね。そしてそのポイントに女性もハマっていくという仕組です。女性も潜在みたいにアブノーマルなセックスを求めている事態って結構ある品ですなぁと、こうした書き込みを読んでいると思いますね。そういったパートナーを見つけるのに出会い系サイトほど能率のよい所はないでしょうし。【38歳の東京妻】PCMAXで出会った既婚者の主人。主人からは毎日のように仕事中にはマメにメイルが来た。仕事中でもダッグアウトを立つ時折「どうにかコンサルテーションだからこれからね」「人物と打合せだよ」などと頻繁にメイルが送られて来た。でも夜中やウィークエンドはとても音沙汰無用。何とか新婚ちゃんだからダメダメね。そしてある時、包帯を頭に巻いた主人の撮影が医院のベットの上から送られて来た。軽度中耳炎になってしまったようだ。でも体躯は元気なので療養はとっても暇らしく、色んな撮影やメイルが送られて来る。勃起した物質をディスプレイいっぱいに、チョット主人の横顔が遠くに狭く写っている撮影だったり。下半身が現役だとナースに襲われないのかな?それってAVのインサイドだけか。。「退院したら会おうね」というメイルも届いた。そして心から退院した次の日にランデブーをした。仕事をしているときのスーツルックスも素敵だけど、お休みの日のラフな格好の主人もすごく素敵だった。大きなバックを肩から下げて来た主人は「これはサービスだよ」とニッコリ笑っていたが、主人の耳の大きな絆創膏は一体全体痛々しかった。客間に入るやいなや部屋サービスを注文して、それから無言で衣服を脱がされ、ブラージャーはつけた通りカップ部位をオッパイから外した。ポンポーンっと呼び鈴が鳴りルームサーボスが届いたようだが、「丸ごと取りをめぐって」と主人の言うとおりに、ドキドキしながら乳首も丸見えのときの通り部屋無料の2つのアイスクリームが乗ったトレーを受け取った。「食べていいよ」と主人が言い、僕が食べている間に主人はアイスクリームは食べずに、大きな裏側からプレゼンテーションを出してきた。赤い細長い紐で作られた胴スーツが入っていた。そして主人はお揃いのTバックを履いて写真が始まった。主人がデジカメは僕が抱える感じ等級だなぁと思いながら、主人は妙な共通点がるということを漠然と考えていた。郷里が同じで、カレッジが地方だった主人が都内でようやく住んだ街角に僕は今も住んで居る。そんなことを考えていたら、几帳をされて歩きを既存された。麻縄の悪臭とストロボの微かなサウンドだけが聞こえるミステリーで主人の動きを想像していた。するとアソコに一気に強烈な快感が走った。おもちゃ?凄い振動のバイブ?何??すっとイカされて正気ではいられなくなってきた。あぁ、更におかしくなりみたい!っと叫んでいた。そして放心した身体に主人が挿入して来たのはアイスクリームだった。刺々しい!!アイスクリームが敏感な部分に落っこちる。こうした使い道のために部屋サービスを頼んでいたは。。几帳を外されて大きな振動が電動マッサージケースと知った。主人の大きなバックを見てみると、エッチな道具が他にもいっぱい入っていた。「今日は病み上がりだから地味にしといたからね。」縄のアトが赤く残る歩きにストッキングを履いた。未だに縄の悪臭も残っていた。こういう強烈なポイントを体躯が覚えてしまったので、二度と主人は離れられないだろうなぁと考えていた。”

“亭主がいる母親を本気で好きになったダディーの出会い系サイト口コミ”

“男女の巡り合いというのは、夫婦の数値だけ色んなカタチがありますよね。男にとって出会い系サイトという立場は、最初はセックス対象を探そうという導因がどうしても多いと思うんですよね。お手軽にセックスできるセフレを作ることができればいいな、という感じで。でもそうやってセフレを探していて、正に出会って本気でその対象の事が好きになっていくという規則はかなり多いように思います。こうした巡り合い系統書き込みって必ずや多いですから。下はPCMAXの書き込みですが、真にこれもそういった気分を綴っていますよね。【33年の千葉県内男】まさか出会い系サイトでこんなにも好きになれるヒューマンに出会えるなんてイメージもしていませんでした。その女房は妻がいましたけど、自分といる時はホンマに自分を愛してくれてました。おそらくこれは気持ちだったと思います。果てしなくお互いの利害が一致してお互いのエッチにもひどく惹かれあってました。自分は今でも女房の事がとっても好きです。33年になって照れくさいんですが、これ程ヒューマンを好きになれた物事なんて今までありませんでした。何か賢く言えませんが、、ムカついたとか随分ありませんでした。それより妻にバレる様なメイルとか深夜に何度もしちゃってとってもごめんね。あの時は会いたくて会いたくて自分のハートを抑えることができなかった。。感謝してます。そしてこれからもこの先も自分はあなたの事が大好きです。本当出逢ってくれて有難う。言葉ロボットや自分がカップルいればたとえ良いだろうとあなたも言っていましたが自分も今はそんなことばっかり考えています。”

“38年代勤め人が将来の転機だと感じたセフレとの荒々しいセックス”

“38年代おばさんのあんな体験談(PCMAX)を見つけました。それぞれ、普段の相手では満たせないまさか変わった性癖を出会い系サイトで知り合った相手と満たし合うという典型的な設計の体験談ですよね。こういう女性は書いている「亭主との巡り合いが生涯の要所になった」という考え方は何か分かります。それまで体験したことがないようなセックスができる対象と知り合った事例、何か自分の生涯が大きく変わっていくような考え方をリアルに深く感じたりすることがわたしにもありました。そんな巡り合いって出会い系サイトを通じてなかったら絶対になかっただろうなぁとも思いましたね。それが出会い系サイトの良さでもあると今では理解しています。【38年代の東京おばさん(勤め人)】マックスで知り合った亭主は半田健人物に似ていた。最初から今までとは全く違う巡り合いで、奥深い誘因になっていくのだろうなぁという直観があった。有名な待合室でもあるアルタの横の銀行前は人物も少なく、待ち合わせ時間に着くやいなやそれぞれが分かった。スーツ姿の亭主は伸長も高くて、事前に交換していた撮影より個数段良い父親だった。会う前に送ってくれていた撮影は眼がガラリチリで細身の良い思い込みだったけど、実機は父親くさい大人の色気の有る33年代。保坂尚希に似ていると言われると言っていた。確かに通じるのかもしれないけど、二度と顔立ちがハッキリしていて、しかも基本的にきめ細かい口調だからジゴロくさい軽々しい感じはぜんぜん受けない。まずは近くのカフェをめぐってアナウンスをすることにした。口数が小さくシャイな亭主と向き合って、本当に形相をしげしげと見てみると本当にカッコよかった。「モテるでしょ?」と聞くと、にっこりと頷きながら、「実はまったく結婚したばかりで、世間では新婚と言われるチャンスなんだよね」についてらしい。確かに、薬指のリングは新品っぽくピカピカと光っていた。あとで分かることになるが、亭主の道楽と性癖では、普通の婚礼毎日で行うのは不可能だったということなんですよね。 寡黙な亭主が唐突に「宿屋に行こう」と誘ってきた。その無骨な思い込みがなんかよかった。そして広場に入ると 「コッチに来て」と亭主が大きな鏡の前に立っていた。鏡に写る私を後ろから犯して行く。亭主の雑貨は特大のコンドームを持参しているほどの巨根で今まで味わったことがないくらい分厚くて硬かった。ベットでは力強く攻められ、考えが遠くなりそうになると、乳首を噛まれ痛みで我に返るという繰り返し。そのたびに亭主の賢い目と眼が当てはまる。完全にSだった。「吹き易いでしょ?吹かせるの賢く無いのにこんなにもビショビショだよ」大層行為の様な激しいセックスだった。亭主はイキみたいになると抜く、激しく挿入して凄まじく突いている時の亭主の冷めた目が印象的だった。私は数えられないくらい何度もイッたけど、亭主は「自身は殆どイカナイから」と言いながらシャワー部屋へ入って行った。宿屋を出て並んで歩くときの亭主は手厚い笑顔で普通にDVDの話をしていた。亭主との巡り合いは私にとって、いわば生涯の要所だったという。非日常的背景へエスコートされていく思い込み。”

“倍不貞で内的・肉体的な癒しを得る出会い系サイトレビュー”

“「PCMAXのコンタクト口コミ」で倍浮気の口コミを見つけました。こういう44年男性は、独り身輩、既婚輩の相互と真剣交際したけど、やはり自分が既婚輩であれば恋人も既婚輩じゃなければ長く途切れると書いていますね。そんなふうに感じるパーソンは多いかもしれませんよね。結婚式恋人に対する愛は完全に失せてしまっているけど住まいは守らなければならない、そんなパーソンは結構多いと思うので、出会い系サイトでおんなじ現状の恋人と倍浮気をするは自然のムードなのかもしれません。【44年の和歌山県内紳士】ついにコンタクト系の国々に徒歩を踏み入れてから数年が経ちます。こういう数年の間に3人の婦人と真剣人付き合いをしました。3人の婦人は、めいめい既婚輩の婦人、バツイチの婦人、未婚の婦人でした。バツイチと未婚の女性は独り身なので会う時刻のとりまとめがしやすかったけど、こちらは既婚輩なので意外と頻繁に会うことが難しかったです。そして結局は、根本的に時刻の流れほうが違うから、独りでに両人厄介と我慢を重ねるうちに気持ちのズレが生じて、長く続かなかったんですよね。その経験から激しくOKことが、既婚輩の異性恋人は恋人も既婚者に限るに関して。お互いに状況が似通ってるから、トップストレスなく長くお付き合いが出来たんですよね。お互いにバレないように周囲の目線が一番気になるので、まずいことはしません。両人守るべき住まいがあるは理解しているので、相手にのめり込むようなことはしないですし。旦那に聞いてもらえない不平を手厚く聞いてあげるし、デートは航行したり食生活に行ったりで独身時代に戻ったようなハートになれて、そしてファッショナブルもするし、毎度ときめいてワクワクするから全てが若返る感覚なんですよね。エッチも恋人が変わって新鮮だから両人異様に燃えちゃうんですよね。倍浮気というのは、お互いの内、肉体的な癒しになって、逆に住まいに苛苛を持ち込まなくなったから良かったのかもしれませんね。”

“21年齢の超望ましい少女の出会い系サイト不義体験談”

“これもPCMAXの評価ですが、21年齢のメチャクチャ美しい少女がそんなエロい内容の評価を書いていました。その評価には映像も掲載されていたんですが、そんなエロいコンテンツを書くようには何ら見えなくて、清楚で可愛い感じの方で、そのギャップがまたエロいなぁと思いましたよ。ちゃんとした出会い系サイトさえ使えば、この可愛くてエッチな少女に出会えるパーセンテージも十分にあるということなんですよねぇ。いいえ~、今時の少女は性に開き類ですよね~、凄いです。【21年齢の千葉県内夫人】今日わかったことがあるんです。今まで彼氏と付き合ってるときにも結構な確率で不義をしちゃってたんです。ダメだと思いながらもいつも辛抱できなかったんですよねぇ。そしてその度に彼氏も対象の人も傷つけてしまっていました。なんでこんなに自分が浮気してしまうのか、余程わかんなかったんやけど、その事由がどうにかわかったんです。それは、彼氏とのエッチに絶えず異存があったからなんです。どうしてこうした簡単な事が今までわからんかったんやろ~って感じなんですけどねぇ。それが何故今になってわかったかというと、クライマックスで体の適性が超良い人に出会ったからなんですよ。なんか、、はじめてこんな機嫌ぃ~って思ったエッチでしたっ。。わたしの気持ちいい店舗をピンポイントでついてくるし何回もイかせてくれて、もはや~その人にメロメロ。。もちろんわたしはエッチも満足させてくれる人じゃないとだめなんだな~と思いましたよ(笑)さすがわたしエロいな。。好色がたえず溢れてるイメージなんです(笑)やっぱり愛してますご主人さまー!”